西洋甲冑とは

西洋甲冑とは、西洋で使われていた、戦闘のときに体を剣や矢などの攻撃から身を守るために装着する防具のことで、鎧(よろい)ともいう。

3世紀後半から西洋ではチェインメイル=鎖帷子(くさりかたびら)が使用され、1250年頃から鉄板が使われるようになった。

全身を鉄板で覆うプレートアーマーという全装甲の西洋甲冑は、1400年以降に登場し、指揮官の身分を表す意味合いが強かった。しかし、その後、武器が銃砲に変わり、西洋甲冑を装備していても身を守ることが出来なくなり、徐々に使われなくなった。

西洋甲冑師 三浦權利 公式サイト

日本でただ一人の西洋甲冑師・三浦權利さんの公式サイト 。

三浦權利さんは、西洋甲冑武器研究の第一人者で、このサイトは西洋甲冑を学問的に取り扱った(おそらく)日本で唯一の専門サイトです。

西洋甲冑の研究、製作、修理、改造から、執筆、アドバイス、時代交渉、さらに新聞、雑誌、テレビの取材にも対応しているそうです。

http://www.sepia.dti.ne.jp/alices/armourer/armourer/index.html

西洋甲冑買える店知りませんかね

2ちゃんねるの「西洋甲冑買える店知りませんかね」という過去ログ。

2001年1月から3月にかけての書き込みですが、いまいち盛り上がりに欠けていますね。
いくつかサイトが紹介されていますが、リンク切れになっていたりします。海外サイトも紹介されています。

http://yasai.2ch.net/army/kako/978/978593132.html

西洋甲冑師・三浦權利さん訪問リポート

イラストを主体にしたホームページ「青銅の履歴」。管理人は神奈川県の長崎祐子さん。

リンク先では、鎧についてあれこれをつづるページで、西洋甲冑師・三浦權利さん訪問リポートが3回にわたって掲載されています。写真、文章ともに豊富で三浦權利さんと西洋甲冑についての知見が深まります。

http://bikidun.web.infoseek.co.jp/yoroist.html/miura1.html

西洋甲冑師、三浦權利:ぶらり途中下車の旅

日テレが放送する「ぶらり途中下車の旅」という番組の2001年4月28日放送分、「都営地下鉄新宿線」の旅の回のアーカイブ。

日本で唯一の西洋甲冑師、三浦權利さんの紹介が掲載されています。

http://www.ntv.co.jp/burari/010428/info04.html